ル・クロ・デ・ローズ・ケイジ

ペイザジストpaysagiste、ギヨーム設計による、ローズ・ファーム・ケイジのWABARAの世界

 

國枝親子の手がけるWABARAが

フランスの地で花を咲かせる時

オープニングセレモニー2018年6月27日
Séricourt
Nord Pas-de-Calais, France

 

 

本のバラ育種家親 、國枝啓司と健 。フランス の造園家ギヨーム・ゴス・ド・ゴール。彼らの出会 いによってこのコラボレーションが実現しました。 フ ラ ン ス 庭 園 の 中 に 、 本 ま れ の バ ラ、 WABARAでしつらえた が誕 します。2018 6 27 、そのオープニングセレモニーを開催いた します。 般公開は翌15 からとなります。

数々のWABARAがここで皆様をお迎えします。

 

ル・クロ・デ・ローズ・ケイジが生まれるまで

レ・ジャルダン・ド・セリクールに まれたこの は、ローズ・ファーム・ ケイジのバラ育種家國枝健 と、フランスの造園家ギヨーム・ゴス・ド・ゴー ル、 のジュニアたちの出会いによって まれました。 本とフランスのコ ラボレーション。それぞれのバラと庭へのこだわりが共鳴し、この共同作業を 成し遂げ。2017 丸 を費やし フランスのセリクールSéricourtに、 本の バラWABARA庭園が産声をあげたのです。

ローズ・ファーム・ケイジは にこだわりました。WABARAを育てるためには 「 きた 」が必要だからです。多様な微 物が活動し、有機物が分解され が柔らかくなり、植物がそこから 分な養分や空気を取れるような 。それが 彼らの う「 きた 」です。こうした に根を張り育つWABARAは、 強く、 命 にあふれ、フランスの地でも変わらず元気に育っていきます。

ギヨームは、 本でローズ・ファーム・ケイジを訪れWABARAを たその時、 それらを輝かす庭をどのように作るべきかの啓示を受けたようだと っていま す。草むらの緑のスクリーンの中に突然現れるWABARAの繊細な淡い 彩。幾 何学的な規則正しい配置の中に潜む遊び を感じさせる 々の揺らぎ。ごく 然にすべてが息づいているような庭。彼はそうした思いを実現させるために図 を引き、WABARAの配置に を砕きました。

 

 

La “Beauté du vide”, 「空っぽの美学」

ギヨームは自身の描き出す風景をこう呼ぶ。 造形とそれらがもたらす線の均衡を探求する。。 そこに今までにない感動を生み出すために。

De l’ombre à la lumière, 「影から光へ」

意図的に置かれた土壁が区切る路程と 日本の田園風景を彷彿とさせる広がりのある景色。 その二つの曲想が相まった庭。

 

オープニングセレモニー2018年6月27日

 

インフォメーション

Les Jardins de Séricourt
2, rue du bois 62270 Séricourt, France

*一般公開は2018年4月15日から10月15日まで。 10月16日以降は予約のみ受け付け。

開園時間:火曜日から土曜日 10時から19時 日曜、月曜、祝祭日 15時から19時

Rose Farm Keiji

EU / Rose Licenser
Parfum Flower Company B.V.
Address: Rietwijkeroordweg 28, 1432 JE Tel: +31 0297 361 006 sales@parfumflowercompany.com

 

PRESS REVIEW (JP)

 

プレス問い合わせ先

FRANCE / JAPON – Mirror / Ai Tamura & Sophie de Veyrac
contact@mirror-paris.fr / + 33 6 12 76 94 89 / + 33 6 58 32 14 91

JAPON – How Inc. / Miki Koike
info@how-pr.co.jp / + 81 3-5414-6405