Rose Farm Keiji – Opening

 

Opening of Rose Farm Keiji‘s new spaces – Lake Biwa (Kyoto area).

About Rose Farm Keiji

國枝啓司
1956年、滋賀県生まれ。1976年に父である國枝栄一が営む國枝バラ園に就農、栽培技術担当者として生産に従事する。1981年、ヨーロッパ研修にて学んだ思想や技術をもとに育種家としての活動を開始し、皇太子殿下、雅子妃殿下に献上した「プリンセスマサコ」や神戸元町のシンボルローズをはじめとするオリジナル品種の創造に励む。2003年、ばら園「Rose Farm KEIJI」を設園。2006年に長男健一を事業パートナーに迎える。10年をかけて慣行栽培から土耕栽培への移行を実現するとともに、オリジナル品種を「WABARA」ブランドとして確立させる。健一に経営を継承した現在は、ばら作家としての活動に専念している。

國枝 健一
1981年、國枝啓司の長男として生まれ、幼少よりばらに親しむ。2年のドイツ留学、一般企業での就業経験を経て、25歳で父が営む「Rose Farm KEIJI」に就農。その後、2014年に「Rose Universe co., ltd.」を立ち上げ、CEOに就任するとともに、プロデューサーとして國枝啓司が理想とする栽培環境や栽培手法の確立をサポートする。一方で、WABARAの思想を体現するプロジェクトや想いを同じくするパートナーとのコラボレーションを世界各国で推進するほか、琵琶湖の再開発事業や花育プログラムの提供など、生態系の一部を担うWABARAのポテンシャルを地球に還元する取り組みも精力的に行っている。

About WABARA

國枝啓司が手がけるオリジナル品種。「生きたばらをつくる」というコンセプトのもと、流通に適合させるための過剰な操作を加えることなく生みだされます。特長は、花弁の柔らかさ、たおやかな茎葉、優しい中間色の花色。そして、見た目の繊細さからは想像できないたくましさ。自然に限りなく近い環境で生育されることで、野に咲く草花のように、どのような空間や花種と合わせても調和を乱しません。生態系のひとつのポジションを担うものとして、周囲のいのちと共生し、次のいのちのために身を捧げる。その営みこそがWABARAというブランドであり、國枝啓司のクリエイションです。

生きたばらをつくる。

生きたばらをつくる。
消費される生ではなく、
思惑で染められた美ではなく、
自らの意思で芽吹き、
刹那の いのちで語りかける
ばらをつくる。
技術で紡ぐ必然と、
自然の摂理がもたらす偶然に
こころをふるわせながら
生きたばらをつくる。

Philosophy

ばらは本来、野に咲く花。山や森で育つ植物はその生態系のなかで循環し、周囲と調和、共生しながら成長します。Rose Farm KEIJIはこれにならい、ひとの手を過剰に加えず、水、土、空気、微生物のかけあわせによって、自然の野山に限りなく近い栽培環境をつくりあげています。同時にFarmを生態系のひとつのポジションととらえ、ひとが自然環境に与えている負荷を軽減しながら、より良い循環を生むためにできることを模索、実践しています。

Address
507-2 Kanegamori-cho, Moriyama-shi, Shiga Prefecture 524-0045
www.rosefarm-keiji.net